今日のできごと

2020.05.28 Thu 17:40

絵本の紹介をします(渡部悠嗣先生)

悠嗣先生の登場です!

すみれ4組担任 渡部悠嗣

たまねぎあたまのたまねぎこぞう
作…二宮 由紀子
絵…スズキ コージ


この絵本は、私の人生に最も影響を与えた絵本といったといっても過言ではありません。

この絵本と出会えたからこそ、今でも幼稚園の先生を続けているのかもしれません。


誰か読んでも人生に影響を及ぼす、というわけではありませんが、面白い本なので、是非読んでみてください。

 

🌸ユージのコージワールド。。。個性的な絵で表す素敵な絵本です。素晴らしい本と出会えましたね! 次は山澤先生です。

 

 

2020.05.28 Thu 17:35

絵本の紹介をします(梅島先生)

今回は梅島先生です。

ポピー補助 梅島茉奈

題名 幸福の王子
原作 オスカーワイルド

自分が楽しい人生を送れたのは誰かのおかげということを理解して初めて「ほんとうの幸せ」を得られるのかもしれません。


絵本に描かれている王子さまのように。たとえ、それが自己犠牲だったとしても王子さまやツバメのように、ゆとりを持ちつつ人に優しくありたいです。

 

🌸名作ですね。たくさんの感情が書かれています。 次は渡部悠嗣先生です。

2020.05.28 Thu 17:30

絵本の紹介をします(今村先生)

バトンはどんどん進みます!今村先生です。

フリー補助 今村沙奈

題名:ちびゴリラのちびちび
作者:ルース・ボーンスタイン
訳:岩田みみ
出版社:ポルプ出版

私が選んだ絵本は『ちびゴリラのちびちび』という絵本です!
お話の内容は、ちびゴリラのちびちびが成長していく様子をジャングルの動物達が見守る中事件が起こり……というような内容です(^^)

私が幼い頃、母と病院に行った際待合室にあった絵本でした。当時、5歳年の離れた弟が生まれ、ちびちびと弟を重ねて読んでいました。小さくてかわいいちびちびが段々と成長していくその姿、みんなから愛されている事が幼いながらに理解し感動した記憶があります。


保育者になった今この絵本を通して思うことは、ちびゴリラのちびちびのように子ども達の成長は早く、あっという間だという事。その中でどれだけ子ども達に良い環境で楽しく幼稚園生活を送ってもらえるかを考え保育にあたっています。


絵本は性別や年齢を問わず、楽しむことのできる素晴らしい保育技術です。絵本から学び、感じ、喜びや悲しみを知り、感情を豊かに想像力を大きく表現できる素晴らしい物だと思います。


是非ご家庭でも絵本を用いてお子様との楽しいひと時をお過ごし下さい(^^)

 

🌸ほんとにあっという間に子どもは大きくなりますね!頼もしく楽しくもあり、でもちょっと寂しいかな。素敵な本です。 次は梅島(うめしま)先生です。

2020.05.28 Thu 17:16

絵本の紹介をします(清水先生)

今回は清水先生です。

『ぐるんぱのようちえん』

西内 ミナミ 作 / 堀内 誠一 絵

出版社:福音館書店


ぐるんぱは、ひとりぼっちの大きなぞうです。そんなぐるんぱですが、ある日働きにでることになります。ビスケット屋さん、靴屋さん、ピアノ工場、自動車工場などいろいろな仕事場で一生懸命に働くものの、作るものが大きすぎて失敗ばかり。
果たしてぐるんぱは、素敵なものを作ることができるのでしょうか…?

失敗を繰り返しそれでも次へ進んでいくことの大切さや、今までやってきたことは決して無駄ではないということを、教えてくれる素敵な絵本です。

是非読んでみてください。

 

🌸失敗してもがんばるぐるんぱにはいつも励まされます。まだまだバトンは続きます。開園前のラストスパート!次はだれかな!

2020.05.28 Thu 17:15

絵本の紹介をします(小倉先生)

今回は小倉先生です。

たんぽぽ3組補助 小倉純子

『あしたプールだがんばるぞ』
寺村輝夫・守屋正恵 作
いもとようこ 絵

いもとようこさんのイラストが好きで出会った絵本です。
遠足・運動会・七夕・ひなまつりなど、園でのさまざまな行事をとりあげた集団生活の大切さを学べる全12巻のシリーズです。その中から、もうすぐプールの時期なのでこの絵本を選んでみました。
他にもたくさんありますので、ぜひ読んでみて下さい。

🌸幼稚園での生活を絵本で見るのも楽しいですね! 次は清水先生です。

2020.05.28 Thu 17:10

絵本の紹介をします(小林章先生)

次は小林章先生です。

ポピー担当 小林章

 

すてきな三にんぐみ
作 トミーアンゲラー

昔からあるこの絵本を紹介します。

どこか不気味で怪しい雰囲気の3人のどろぼうがある日みなしごの女の子と出会います。
その後たくさんの子どもたちを集めて一緒に暮らし始めていつの間にか村ができてどろぼうの3人に感謝するお話です。

最初から最後までどこか少し恐い雰囲気の絵本なのに内容はほんわか優しい気持ちになれる不思議な絵本です。

🌸ちょっとこわそうだけど、わくわくして心が温かくなるお話ですね。ぜひ! 次は小倉先生です。

2020.05.28 Thu 17:06

絵本の紹介をします(成合先生)

次は成合先生です。

ポピー担当 成合宮子

【いつでも会える】
絵本作家:菊田まりこ
発行所:株式会社 学研プラス
発行日:1998/12

私は犬が大好きです。
いつもいつも犬の気持ちや言葉が分かるといいなぁって思って犬と接しています。
そこで私が紹介する絵本は 勿論、犬の絵本です。

この絵本は、大好きな飼い主、”ミキちゃん”を亡くしたいぬのシロ。ず~っと一緒にいられると思っていたのに、どうしてかな?なんでかな?…寂しくて、悲しくて、ミキちゃんに会いたくて…。悲しみを乗り越えようとする、シロの姿が胸を打ち心に響く、感動のお話です。

この本を読んで、お友だちや動物、生きもの全てを大切にする心を持つような人になってほしいと心より思います。

 

🌸シロくん目線のおはなしですね!悲しくなるのは人間だけじゃないんだ。。。そう思うと余計に動物に愛を感じてしまいますね。  次は小林章先生です。ポピーチーム連続!

 

2020.05.28 Thu 17:02

絵本の紹介をします。(鳥原先生)

今回は鳥原先生です

ひまわり1組担任 鳥原将平

おうち時間でお子様に読む絵本のオススメをご紹介します。
私の好きな絵本は「おばけのてんぷら」です。
ご存知の方や本屋さんなどで見かけたことのある方も多いのではと思います。

私はつくし幼稚園で初めて読んで、その内容に惹かれて好きになりました。

食いしんぼうのおばけが、おいしそうな匂いに誘われてある家に入り込んでみるとまさかの展開に!!

おばけのてんぷらの大型絵本が幼稚園にあり、読んであげる機会は多いのですが、子ども達の様々なリアクションがあって読んでいる側も面白いです!
読んだことある方もない方も、ぜひおうちで読んでみてください☆
(おばけがでてきますが、全然怖い話ではないのでご安心ください)


絵本:おばけのてんぷら
作・絵:せなけいこ
出版社:ポプラ社

🌸私(園長)も以前は眼鏡をかけていて、眼鏡なしには何も見られなかったので、もしかしたら同じことをしていたかも。。。 次は成合先生です!

 

 

2020.05.28 Thu 17:00

絵本の紹介をします(葛貫先生)

再開です!一番手は葛貫先生です。

たんぽぽ3組担任 葛貫愛理

くれよんのくろくん
作・絵:なかや みわ
出版社:童心社

だいすきなくれよんのくろくん!!
イラストが可愛くてお気に入りです。

くれよんの仲間達は、大きくて真っ白な画用紙を見つけて大喜び!
お花や木、蝶々をみんなで次々に描いていきます。
だけどくろくんだけは、綺麗に描いた絵を黒くされては嫌だと仲間に入れてもらえません、、。そこでシャープペンのお兄さんが来てくろくんに素敵なことを教えてくれます。


絵を描くことが大好きな子ども達にとってくれよんは身近な存在です。
くれよんの中では黒色は目や髪の毛以外ではあまり使わない色でもあり、この本を読むと普段なかなか使わない色にも挑戦してみようという気持ちになります。

仲間外れになってしまったくろくんの悲しい気持ちに共感することで、仲間外れが良くないことや、みんな1人ひとりに素敵な良い所があることに気づかされます。
いろんな立場での見方や感じ方が出来る絵本だと思うので、子ども達は自分をくろくんに置き換えて「自分だったら..」と考え、友達同士での関わり方を見直すきっかけにもなると思います。
そして大人は子どもの頃の気持ちをちょっぴり思い出すことが出来る、魅力ある素敵な絵本になっています。


くれよんのくろくんシリーズは他にも沢山あるので、まずはシリーズ第1作の「くれよんのくろくん」を是非、読んでみて下さい♪

 

🌸読めば読むほど深いくろくん。。。 シリーズでぜひ!  次は鳥原先生です。

2020.05.26 Tue 14:35

絵本の紹介の続きは延期します。

緊急事態宣言解除となり、開園準備のため、今日の絵本の紹介は延期します。

できるだけ早く載せますので、しばらくお待ちください!

PAGETOP